比企郡滑川町の高齢者や共働き世帯には手間がかからず健康的な宅食がオススメ!

埼玉県

比企郡滑川町で生活していて、毎日の食事の支度に疲れていませんか?疲れてるからと言って外食やお弁当というわけにもいかず、もういやっ!と投げ出したくなっていませんか?

・仕事帰りに保育所までお迎えに・・・
・最近残業が多くて・・・
・近くのスーパーがなくなってしまって・・・
・出産前後で思うように動けない・・・
・ご主人やお子さんに冷凍のお弁当をレンジで温めて出すだけなんて・・・
・できあいの揚げ物中心のお惣菜をお皿に盛りかえて出すのも・・・

などなど

特に、比企郡滑川町でもコロナ自粛で外食もできず、「おうちごはん」するしかない状況ならなおのこと。最近は、スーパーやコンビニでも電子レンジでチンするだけの便利なおかずや、ひと食材加えれば、すぐにできちゃうレトルトもたくさんあります。

とはいえ、買い物自体が大変ですし、お弁当は健康面で心配。「手作りごはん」を大切にしたいので、気が引ける。そう感じている方も多いと思います。

そんなあなたにおススメなのが、「宅食サービス」。比企郡滑川町の自宅まで食事や食材を配達してくれて、簡単調理ですぐに食べれます。そして大事な「手作り感」もあります。

宅食は、大きく分けて2種類。ごはん(主食)がついている「宅配弁当タイプ」とおかずだけの「宅配惣菜タイプ」です。どの業者も「宅食お試しセット」があるので、まずは、お試しセットで始めて見るのがおススメです。

いまやワタミやコープ、ニチレイなど大手外食産業も参入してきてますし、これからは「宅食」が主流の時代になるのは間違いないと思います。

このサイトでは、「宅食」がどんな方におススメなのか、その特徴や手順を紹介します。

宅食サービスとは

宅食はどんな人にオススメなのか

「宅食」とは、自宅に食事や食品が配達されるサービスです。自炊や中食へとシフトする人が増える状況のなかで、比企郡滑川町でも2010年頃から、大手スーパーやコンビニエンスストア、外食産業などが参入して急速に拡大しました。

宅食には、さまざまな種類のサービスがありますが、どのような人にオススメなのでしょうか。

宅食のススメ①:共働きのご家庭

うちめし①

朝は朝食の準備と昼のお弁当作り、仕事が終わったらスーパーに買い物に行って、帰宅して夕食の準備と、共働き夫婦は忙しくて毎日の食事の準備は大変です。かと言って毎日スーパーのお惣菜やコンビニのお弁当では、栄養の不足や偏りが気になります。

家事は料理以外にも掃除や洗濯もしなければなりません。少ない時間の中で全てを行おうとすると、睡眠時間が短くなり疲れが取れなかったりストレスがたまるなど健康に悪影響を及ぼすことも。

宅食は調理する手間や時間がかからないため、食事を用意する負担が軽くなり、時間に余裕ができます。また宅食では、管理栄養士が監修した栄養バランスに配慮した食事も選べるため、家族の健康を考える人にもオススメです。

宅食のススメ②:産前産後・育児中のお母さん

うちめし②

妊娠中はお腹の張りやつわりなど、体調が優れない時も多く、毎日の買い物や料理は大変です。また、産後も赤ちゃんの世話で、なかなか食事を用意する時間が取れないのではないでしょうか。そのような時には無理をせず、一時的にでも宅食サービスを利用するのがオススメです。

妊娠中から産後にかけては、しっかりと栄養を摂る必要があります。宅食サービスなら栄養バランスを考えたおいしい食事が簡単に用意できます。その後、産休や育児休暇が明けて仕事に復帰したら、さらに忙しくなって、食事の支度が大変になります。

やがて子供が成長して幼稚園や保育園に通うようになっても、送り迎えや子供の相手をしたりで、なかなか時間の余裕はできないものです。疲れ切ってしまう前に、週に何度かでも宅食を利用して時間にも気持ちにも余裕を作りましょう。

宅食のススメ③:高齢者の方

高齢者の方にとって、毎日の食事の支度は大きな負担です。

・足腰が弱ってきて買い物に行くのが辛い
・一人分の食事を作るのは、手間がかかるうえ食材を使いきれず無駄になる
・健康維持のために食事指導されたけど、栄養バランスを考えた料理が作れない
・料理を作る際の、火の扱いや後始末が不安

など、歳を重ねるごとに食事を準備するに苦労するようになります。

また、高齢になると、咀嚼や嚥下に必要な筋力が衰えてきます。筋力が衰えると食べ物が気管に入りやすくなあり誤嚥性肺炎の原因になります。そのような高齢者には、やわらかく食べやすい介護食を用意する必要があります。

宅食には、少しやわらかいタイプや歯茎でつぶせるタイプ、舌でつぶせるタイプ、噛まなくてよいタイプなど、噛む力や飲み込む力によって調理されたメニューを選べるサービスもあります。

普通の食事の他に介護食も作るのは大変という人は、宅食を利用してみてはいかがでしょうか。また、スタッフが手渡しで配達してくれるので、高齢になった親の安否確認を兼ねて、お子さんが申込みするケースも多いようです。

宅食のススメ④:制限食が必要な方

高血圧や糖尿病、腎臓病などの予防や治療のため、医師から食事の量やバランスなどを調整するように指導されている人もいるのではないでしょうか。

しかし、そのような食事制限や栄養指導を受けている中で、毎日自分で、献立を考えて調理するのは難しいものです。そのような人は、宅食サービスで管理栄養士が献立を考えた制限食を利用するのがオススメです。

宅食では、カロリーや塩分、糖質、たんぱく質などの制限されているものに合わせて栄養を調整した制限食を選ぶことができます。食事療法は、無理なく長く続けることが大切です。

宅食は、カロリーや特定の栄養を制限しながらも、栄養バランスに配慮した食事で、さらに毎日バラエティーに富んだメニューが楽しめるので、制限食であっても食事を楽しむことができます。

比企郡滑川町の宅食とコンビニ弁当の比較

宅食には、「お弁当タイプ」と「お惣菜タイプ」の大きく分けて2つの種類があります。違いはごはん(主食)がついているかどうかで、お惣菜タイプはおかずだけでご飯がついていません。では宅食のお弁当タイプとコンビニのお弁当を比較すると、どのような違いがあるのでしょうか。

宅食とコンビニ弁当の価格比較

大手コンビニチェーン「セブンイレブン」のホームページで紹介されているお弁当の価格帯は、321円~594円(税込み)、ローソンは320~698円、ファミリーマートは298~598円でした。

一方、宅食では「わんまいる」の手作りおかずセットは1食当たり696円(税込み)です。コンビニの一般的な幕の内弁当と宅食わんまいるの「健幸ディナー」を比較すると宅食の方が、配達コストの分が少し高くなっています。

セブンイレブン ローソン ファミリーマート わんまいる
健幸ディナー
価格帯(税込) 321~594円 320~698円 298~598円 696円
幕の内弁当(税込) お好み幕の内
464円
紅鮭和風幕の内
550円
幕の内弁当
430円

引用元:セブンイレブンローソンファミリーマートわんまいる 公式HP

宅食とコンビニ弁当のカロリー比較

農林水産省「実践食育ナビ」によると活動量が少ない男性で1日に必要なエネルギー量は2,000~2,400㎉、女性では1,400~2,000㎉です。

コンビニのホームページでお弁当のカロリーが表記されていたのは、「ローソン」だけでした。ローソンのお弁当のカロリーは、「ミニ海老ピラフ」の262㎉から「チキンばんばん弁当」の868㎉で、肉や揚げ物がメインのお弁当ではかなり高いカロリーとなっています。

一方、わんまいる「健幸ディナー」は、日替わりでも平均400㎉以下となるように献立が考えられていて、カロリーを摂りすぎる心配がありません。また、主菜1品と副菜2品がついていて、栄養バランスが考えられています。

ローソン わんまいる
健幸ディナー
カロリー 262~868㎉ 400㎉以下(平均)

引用元:農林水産省「実践食育ナビ」

宅食とコンビニ弁当の塩分比較

厚生労働省が策定する「日本人の食事摂取基準」では、ナトリウム(食塩相当量)について成人の目標量を男性で7.5g未満/日、女性で6.5g未満/日としています。また、高血圧や慢性腎臓病の重症化予防のための目標量は、男女ともに6g/日未満です。

各コンビニのホームページには塩分量の記載はありませんでしたが、兵庫県立健康科学研究所が調査した「弁当、揚げ物等の一食当たりに含まれる食塩相当量調査について」では、スーパーやコンビニ、弁当専門店で販売されてる弁当に含まれる塩分量は4.2gを超えるものもあり、なかには一日の目標塩分量の50%を超えるものも多くあったそうです。一方、わんまいる「健幸ディナー」は一食あたり3.5g以下に抑えられています。

引用元:厚生労働省「日本人の食事摂取基準」兵庫県立健康科学研究所

宅食とコンビニ弁当の比較詳細はこちら

比企郡滑川町での宅食メリット

コンビニ弁当との比較では、健康面を考えると宅食の方が良さそうです。ここでは、さらに宅食を利用するメリットをまとめてみましょう。

宅食は買い物いらず

宅食のメリットとしては、スーパーマーケットなどに買い物に行く必要がないことです。共働きの夫婦では、仕事が終わってから買い物に行き、それから夕食の準備をすると食事の時間がどうしても遅くなりがちです。

子供がいる場合には、お腹を空かせた状態で待たせることになります。別に用意しておいて先に食べさせるという方法もありますが、子供だけで食事することになり「孤食」や「個食」になってしまいます。孤食や個食は、好きなものだけを食べることになり、好き嫌いが増えて栄養が偏りがちです。

また、家族とのコミュニケーションが不足するため社会性や協調性が育たないなど、現代の家庭の食卓の問題となっています。

育児中の場合にも、小さな子供を連れて買物をするのは大変です。歩けないうちはベビーカーに乗せるか、抱っこやおんぶをして買物をすることになりますが、いずれにしても重たい買物を持って帰るのは大変です。歩くようになれば、子供から目を離せない様になり、ゆっくりと買物をすることができません。

また、高齢者の場合には、足腰が弱ってきてスーパーまで行くこと自体が負担になります。自宅からスーパーなどが遠い場合には、車で買い物に行くのが普通ですが、高齢になって運転免許証を返納してしまえば、移動手段もなくなります。

宅食は、自宅に食事は配達されるので、共働きや子育ての家庭、高齢者世帯では買物に行く時間と手間がかからないというメリットがあります。

宅食は調理いらず

宅食の中には、下ごしらえされた食材が届けられ自分で簡単に調理するものもありますが、ほとんど場合は、電子レンジなどで解凍や過熱をするだけで食べられるようになっています。

共働き夫婦の場合には、どちらかが残業で遅くなったとしても宅食なら1食づつになっているので、先に食事を済ませることも可能です。残業で帰宅が遅くなっても、電子レンジで温めるだけなら時間も手間もかからず楽に食事を摂ることができます。

高齢者は、買い物に行くのも負担となりますが、下ごしらえから調理をするのも手間がかかり大変です。特に、男性の高齢単身世帯の場合、料理経験が少ないケースもあり、毎日献立を考えて料理をすることは難しいものです。

また、高齢者の中には認知症になってしまう人もいます。認知症で調理後の火の後始末を忘れて火災になる危険性もあります。いかし、宅食なら電子レンジで過熱するだけなので火災の心配はありません。

宅食は栄養面からも健康的

宅食サービスの中には、管理栄養士が監修して栄養バランスに配慮したメニューになっているものがあります。自分で料理すると、どうしてもメニューが偏りがちで、しかも、栄養バランスまで考えて献立を考えている人は、少ないのではないでしょうか。宅食なら、栄養成分だけでなく、カロリーや塩分なども配慮された食事が届けられます。

また、肥満のためにダイエットが必要な人や高血圧や糖尿病、腎臓病などの予防や治療が必要な人は、食事の量やバランスを調整した制限食を摂るように医療機関から指導されることがあります。カロリーや塩分、たんぱく質などを計算しながら毎日献立を考えるのは、栄養士など栄養に関する知識がないと難しいものです。

宅食なら1食毎のカロリーや塩分量が表示されているため、手間をかけることなくカロリーや塩分の調整が可能です。また、不足しがちな野菜やカルシウムもしっかりと摂れます。

宅食で高齢者見守り

宅食サービスの中には、配達の際に高齢者の安否確認をしてくれるものもあります。高齢の親と離れて暮らしている場合、頻繁に様子を見に行くことができないので、健康に暮らしているか安全に暮らしているのか心配なものです。

宅食の配達員が、高齢者の異変に気づいた時には、指定された行政などの連絡先に通報するという取り組みをしている宅食サービスもあります。

また、咀嚼や嚥下が困難になった高齢者が食べやすいようにやわらかく調理した食事が選べるケースもあるので、高齢者の見守りを重視する場合には、両方のサービスがあるか事前に確認しましょう。

宅食は普段食べないものが食べれる

初めて作る料理は、本やネットでレシピを確認しながら調理するので、料理が好きな人でなければ手間がかかって面倒と感じるものです。したがって、自分で料理をすると、どうしても作り慣れた料理になるため、メニューにバリエーションが無くなるばかりか、栄養も偏りがちです。

宅食では、日替わりで違ったメニューが届くので、普段の自分で料理するメニューとは違ったものが味わえます。各宅食サービスでは、専任のシェフが監修するなど味にもしっかりこだわっているので、自分で料理を作るよりメニューが豊富でおいしい料理が自宅で味わえます。

宅食のメニュー詳細はこちら

比企郡滑川町の宅食デメリット

これまで宅食のメリットをいろいろと紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。宅食のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

宅食は配送料がかかる

宅食サービスの中には、配送料は手数料が別途必要な場合があります。購入金額や購入する頻度によって割引されるケースもあるので、事前にしっかりとチェックしましょう。

配送料が別に必要ではない宅食サービスもありますが、もちろん配達のコストは必要なので、価格に含まれています。したがって、配送料がかかることは宅食のデメリットでしょう。

また、宅食サービスによっては入会金や年会費などが必要なケースあるので、合わせて確認しましょう。

宅食は配送まで時間がかかる

当日注文して、その日のうちに配達してくれる宅食サービスもありますが、多くの場合には、注文してから配達までに数日必要です。必要な日数は、サービスによって違うので、予め調べておくことをおすすめします。

宅食は配送エリアが限定される

宅食サービスのなかには、配送エリアが限定されている業者があるため、残念ながら、すべての地域で利用できない場合があります。おいしそうな宅食サービスがあっても、自宅が配送エリアから外れていれば利用することができません。

自社で配送をしている場合には、特にエリアが限定されます。冷凍の状態で、宅配便などを使って配達される場合には、比較的広いエリアで利用できます。

もちろん、全国配送可能な業者もありますので、業者を選ぶときには、比企郡滑川町の自宅が配送エリアになっているかどうかを確認する必要があります。

宅食は配達時間指定ができないことがある

宅食サービスを選ぶ際には、配達の時間が自分の生活のリズムに合っているかどうかも重要なポイントです。

夫婦共働きで平日は受け取れないケースや、日中外出する事が多い場合には、配達日や時間の指定が可能かどうか確認する必要があります。

不在でも宅配ボックスで対応してくれるところもありますが、サービスによっては配達時間の指定ができないところもあります。

また、配達時間の指定ができてたとしても、その時間に自宅で待っていなければならないのは宅食のデメリットです。

宅食はメニューを自分で選べない

普段食べられないような料理が食べられるのが宅食のメリットですが、自分で好みのメニューを自由に選べないというデメリットはあります。

サービスによっては、1食ごとにメニューを選ぶことができる場合もありますが、それでも数日前には注文が必要なため、急に何かが食べたくなったという気分になったとしても、食べることができません。

比企郡滑川町での宅食選びのポイント

宅食のメリット・デメリットを考えて、宅食業者を選ぶ際のポイントをまとめました。

食材の安全性

ほとんどの宅食サービスでは、食の安全について配慮していますが、より安全性を求めなら、使用している食材が国産100%であったり、合成保存料や合成着色料などの添加物を使っていない等の情報が公開されているサービスを選びましょう。

カロリーや塩分など健康面配慮

カロリーや塩分の摂り過ぎは、生活習慣病の原因になるため、普段の食事から気を使う必要があります。

特に、高血圧や糖尿病、腎臓病の予防や治療のために、食事指導や栄養制限を受けている人は、カロリーや塩分などの表示を確認してサービスを選ぶようにしましょう。

また、制限する栄養別にメニューが考えられているコースを選べるサービスもあります。カロリーや糖質、たんぱく質、脂質、塩分など食べる人の健康の状態に合わせて選ぶことが大切です。

食事をする人が高齢の場合には、栄養成分に加えて咀嚼や嚥下がしやすいように、やわらかく調理した「介護食」が選べるかどうかもチェックする必要があります。

宅食のポイントはこちら

個食包装

通常、宅食はカロリーや塩分などを計算して1食づつ個別に包装されています。そのため、家族数人分を注文していたとしても、残業などで帰宅が遅くなり、1人だけ後から食事をするような場合でも、1食分だけ温めて食べることができます。

また、家族の中に制限食や介護食への対応が必要な人がいたとしても1食分だけ、別に注文することができます。

宅食には、お弁当スタイルでごはんがついてものと、ごはんがついていないで、数種類のおかずがセットになったお惣菜タイプとがあります。いずれも1食分が個別に包装されていますが、サービスのなかにはおかずが単品ごとに個食パックされているものもあります。

個食パックでは、それぞれの料理に合わせた解凍方法を選べる他、食べたい時に食べたい分だけ味わえます。また、料理に合わせて器に盛り付けることで、味気なくなりがちな宅食を見た目でも楽しむことができます。選ぶ際には、どのように包装されて届けられるかも確認するようにしましょう。

調理が簡単

調理の手間がかからないことも宅食のメリットです。手間は宅食の種類と、届けられる時の状態によってかわります。

一番、手間がかからないのは常温で届けられるお弁当タイプのものです。温かい方がよい場合には電子レンジで過熱しますが、そのままでも食べられます。

高齢で介護が必要な人や認知症の人など、火や電子レンジを使うことが不安な場合は、受け取ってそのまま食べられるタイプの宅食サービスがオススメです。

電子レンジの使用に不安がない人は、冷凍や冷蔵で届けられて温めるだけで食べられるものが、調理の手間と時間がかかりません。1食分がトレイに盛り付けられているものなら食器を用意する必要もないので、温めたらすぐに食べることができます。

宅食サービスのなかには、レシピと一緒に料理に必要な食材が届けらて、自分で調理するものもあります。食べる人が必要な調理法を行えるかどうかを確認して選ぶようにしましょう。

メニューが豊富

宅食は、各サービスで工夫を凝らした豊富なメニューが揃えられています。とは言え、毎日となると飽きることも考えられます。できるだけメニューが豊富なサービスを選ぶようにしましょう。

また、メニューの数だけでなく、おいしさにもこだわっていますが、料理の味付けが好みと合わない場合もあります。

サービスによっては、通常より安く利用できるお試しセットや、初回限定で割引をしているものもありますので、食べ比べて口にあったサービスを選ぶとよいでしょう。また、毎日利用する人は、飽きないように曜日によって複数のサービスを使い分けるのもオススメです。

おススメの宅食は「わんまいる」

わんまいるは簡単調理で全国対応

1.専属の管理栄養士が20日間全て違うメニューを作成

毎日の食事の献立を考えなくても、20日間全て違うメニューで届けてくれます。しかも、専属の管理栄養士が栄養バランスを考えた食事のメニューなので、飽きることがありません。

2.冷凍保存で買い置きが可能

わんまいるの旬の手作りおかずセット(健幸ディナー)は、冷凍なので買い置きが可能。それに、1品ずつ個別包装なので、セットで食べるだけでなく、いつものおかずにもう一品など、便利に使えます。
また、お弁当のように1つの容器にまとめて入れていないので、食べたい時に食べたいだけ食べれるのが特徴です。

3.簡単調理で時短応援

わんまいるの旬の手作りおかずセット(健幸ディナー)は、湯せん加熱調理、袋から取り出し、器に盛るだけ。しかも、手作り料理と変わらない味と見た目。まさに時短応援です。

4.全国対応

配達エリアが限定される業者が多い中、わんまいるは全国対応してくれます。注文日から3日から5日で届けてくれます。

わんまいるは旬の食材へのこだわりでおいしい

1.食材へのこだわり・主原料は国産100%

「身土不二(しんどふに)」栄養学的には『自国の食材を食べるのがよい』とされているそうで、国産の食材にこだわり、代表の堀田氏が自ら日本全国の中央卸売市場に出かけ、自分の目で確かめた食材を選び、生産者から直接仕入れています。
安心安全をモットーに生産者と直接提携し、食材の現場をしっかり確認しています。

2.旬の食材を採用

初物は身体に良いとされていますが、他の時期に収穫されたものと比べて、栄養価が高く、しかも美味しいと言われています。
北は北海道から、南は沖縄まで、地域ごとに四季折々の食材が豊富なのが日本です。自宅にいながら季節を感じて食事ができるのは最高の喜びですよね。

3.飽きの来ない豊富なメニュー

毎週5日間、焼き魚、煮魚、和食、洋食、中華と豊富なメニューで、4週間同じメニューがないのもうれしいです。
また、大量生産のコンビニ弁当とは違い、ホテルやレストランに納めている下請け業者や高級料亭向けの仕出し料理専門店に委託して、それぞれの得意料理をプロの手作り調理にこだわっているところがすごいところです。

4.だしにこだわる真空圧で味をしみこませる技術

「買い置きできる冷凍おかず」の開発に苦労していた頃、某厨房機器のテストキッチンで偶然出会った真空料理の第一人者(元大阪帝国ホテル料理長 石川一氏)に真空圧で味を染み込ませる技術と手順を教わることができたそうです。
また、和食の達人(元サンフランシスコ総領事館料理長・テレビ番組多数出演の近藤氏)に味が染みやすく、塩分糖分が少なくてもしっかりとだしを効かせる調理法を教わることができたことが美味しさの秘訣になっています。

わんまいるは全社員で健康を見守ってくれる

1.全社員が食育改善プランナー

社員全員が、日本食育コミュニケーション協会の食育改善プランナー養成講座を受講し、資格を得ていて、会社全体で食育や健康寿命延伸の相談を受けることができるのも安心です。

2.専属の管理栄養士がメニューを考案

例えば、4児の母親でもある専属管理栄養士が、大人はもちろん、子供も安心して食べられるメニュー作りをしています。
また、免疫力を上げるためのメニュー開発として、色々な食材に含まれる5大栄養素を上手に組み合わせる努力を続けているようです。

3.週5食夕食として継続して食べるということ

冷凍食品といえば、多くは中国をはじめ海外で作られる単に安いだけのものがほとんどですが、わんまいるの冷凍惣菜は、国産にこだわり、一番おいしい旬の食材を積極的に採用しているところが売りです。
毎日毎日継続して食べる食事、特に健康志向の方には、国産で旬のものは欠かせない食材、これらが自宅に届くのは、本当に魅力的です。

4.わんまいるのメディア実績

NHK、たまごクラブや日本経済新聞など多数のメディアに取り上げられています。また、農林水産省や経済産業省でも取り上げられ、各省にも掲載されています。

わんまいるのこだわりはこちら

わんまいる利用者の声

わんまいる旬の手作りおかずセットの解凍方法

1.湯せんによる解凍

①鍋にお湯を沸騰させ、凍ったままの商品を入れる。
②沸騰させた状態で、加熱解凍。湯せん時間は、ほとんどが5分ですが、商品ラベルに記載されているので確認してください。
③袋には菜箸などで引っかける穴があるので、やけどに注意しながら、鍋から取り出す。
④袋の切込みに沿って開封し、好きな器に盛りつける。

2.流水による解凍

①ボールのようなものに凍ったままの商品を入れ、少量の水を流しながら解凍する。
②しばらく流水して、商品が柔らかくなっていれば完成。
③袋の切込みに沿って開封し、好きな器に盛りつける。

3.電子レンジによる解凍(主に単品・レンジ対応袋のもの)

①凍ったままの商品を商品ラベルに記載の指定時間を加熱解凍する
②袋が膨らみ「プシューッ」という音がすれば出来上がりの目安。
③袋の切込みに沿って開封し、好きな器に盛りつける。

宅食利用上の注意事項

商品の受け取りに関しては、指定した受け取り日時に配送してくれますが、不在が多い場合は、注意が必要です。

商品発送後、1週間以内に受け取らなかった場合は、商品がわんまいる物流センターまで返送されます。
返送となった場合でも、商品代金、送料、代引き手数料等は、請求されてしまうので、確実に受け取れるようにしておくことが必要です。
・クレジットカード、アマゾンペイの場合:返送された商品の代金・送料の全額が引き落されます。
・代金引換の場合:商品代金・送料・代引き手数料の全額を銀行振込しなければなりません。
※振込まれない場合は、以降の注文ができないので注意してください。(振込みが完了すれば、引き続き注文は可能です)

宅食利用上の注意事項はこちら

宅食のススメまとめ

厚生労働省がまとめた「配食事業の動向等について」では、宅食を含めた配食市場の規模は、2009年度に569億円だったものが2014年度には1050億円と、6年間で1.85倍と市場が拡大しています。

高齢化社会の増加や企業での女性の活躍などにより、今後さらに普及することが予想さています。市場の拡大に伴って、多くの事業者が宅食に参入して、いろいろと特徴のあるサービスがあります。

今回紹介した「わんまいる」は、旬産旬消にこだわる商品開発が特徴で、特におススメしたいのが旬の手作りおかずセット「健幸ディナー」

(1)食材は国産100%
(2)合成保存料・合成着色料不使用
(3)1食(主菜1品 副菜2品)で平均400kcal以下、塩分3.5g以下
(4)商品1品1品が個食包装
(5)調理は湯せん又は流水解凍と簡単
(6)1ヶ月に同じメニューはなく、メニューが豊富

生活する上で大事な食事をおいしく、毎日継続する上での栄養バランスも考えられていて、簡単に健康管理ができます。この機会に是非お試しください。

宅食のまとめ

比企郡滑川町の宅食サービスエリア

タイトルとURLをコピーしました